Sodipodi覚え書き

sodipodi……ベクトル系のドロープログラム(SVGオーサリングツール)。GPLのフリーウェア。
英語あまり読めなかったから何ともいえないけれど、ソッイポッイという感じで読むのではないでしょうか。
(dは発音しない)
開発者に日本人が居るので日本語化もされているようです。
ただしマニュアルはないも同然です。 
このソフトはKillustratorと呼ばれるソフトの一つで、イラストレーターを意識しているようです。
操作としてはCorelDrawに近いらしいです。
イラストレーターよりも画面はシンプルですが、扱うにはイラストレーターと同様のスキルが必要になります。

サイト

本家:http://www.sodipodi.com/(つながりません)
日本人開発者のWiki:http://www.globe.to/~oka326/?sodipodi(つながりません)
sodipodiで人物画ができるまで(日本語):http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Tone/3011/cg/cg-menu.html
ダウンロード:Sourceforge


最近の動向

残念ながら、Sodipodiの開発は開店休業状態です。

(2009年8月の時点で、開発者Laurisが作業している痕跡はありますが、今後大きな変化は期待できません)

現在、Sodipodiから分岐したプロジェクトのInkscapeが活発に開発されており、
機能の面でSodipodiに先行しています。

今後は、Inkscapeを利用することをお勧めします。


導入

本体は本家から:http://www.sodipodi.com/

その次GTK+ for win32をDLしてくる:http://www.dropline.net/gtk/


更新情報

3/1更新を確認しました。


ベータ版。ドキュメントツリーやツールのオプションが追加されています。
グループもツリーで確認できます。
イラレでいうレイヤのようなものとして機能するのではないかと思います。
並び替えや名前の変更はXMLエディタからしかできません。
ベータ版なのでまだ不安定。


更新記念で一枚描いてみました。
住めば都ですね。結構なれてきた。
ドキュメントツリーの威力はでかいです。(画面が狭くならない!)
ドキュメントツリーからオブジェクトを選択できたり、名前を変更できたりすると便利なのにね。 
あと、グルーピングを使うとここのオブジェクトを編集できなくなるので、結合しまくりました。
←下書きはこれです。ペイントで描いた。全然違う人だ……!


気づいたこと
・バグ
** (sodipodi.exe:4293492549): WARNING **
: [Invalid UTF-8] Couldn't load font "M
S Pゴシック 9" falling back to "Sans 9"
カーソルを動かすたびコンソールに表示されるエラー。不安になります。

・画像が読めない事がある
どうも、パスによって(デスクトップに置くなど)画像が読めない事があるようです。

・オブジェクトの移動で急に飛ぶ
オブジェクトが急に変なとこに行きます。まだまだのようです。

・idのような一行の要素に複数行の入力ができてしまい、表示がきもいことになる。

・XMLエディタがちょい使いづらいです。

・なんかちらついたり、反応遅かったりするのがやだわー。

・PageUpで順序をいっこ上げる、PageDownでいっこ下げる。Homeで一番前へ出す、Endで一番奥に下げる。

・ハンドル伸ばしてる最中にAltキーで折る。

・F1キーで選択モード。

・PNG出力する際には、VisibleではなくPrintableのオブジェクトが出力される。

・スポイト使えました!勘違いだった。スポイトツール選択して画面上を少しドラッグすると、円がでてきてその範囲内の色を取得します。ショートカットはF8。

・出力形式はPNGのみだが、IEで読めないPNGを吐くことがある。あと背景色は黒みたいなので、半透明のグラフィックを出力する場合は注意。この問題はBTJ32などでPNG保存し直すと解決する事がある。

・変形行列の一番右はx,yに対応していて、数値入力でオブジェクトを移動する事ができます。



***sodipodiでCG制作記

イラレの代替品としてsodipodiが使えるかどうか、試してみました。

いつもは線画しか用意しないとこだけど、今回はカラーの下書きを用意し、やる気満々
この子がヤルハラさんです。なんて悪そうなやつだ


なぜかフリーハンドツールが標準(精度はいまいち)。ベジェにもショートカット用意してほしいな・・・。
ここではベジェ(ペン)ツールでがしがし描いていきます。


sodipodiにはイラレでいうレイヤがありません。
今回のチャレンジには、このXMLエディタをレイヤのように使えないか?という裏のテーマがあります。
下書きは透明度を下げて一番前に置きます。透明度はアイテムプロパティから。
それからセンシティブのチェックをはずしておくと間違って移動したりということが無くなります。


ベジェはこんな感じ。イラレとはハンドルなどの表示様式が違っています。
慣れれば大丈夫かな、という程度の違い。


塗り。
アウトライン化に対応していないようなので、まつげも全部閉曲線で描きます。 
透明度も設定でき、グラデーションにもそこそこ対応していました。
しかしパレットが無いです。不便です。
スポイトツールがあるので他のパーツから色をとってきましょう。(ドラッグで取得)
そしてこのダイアログでかすぎます。


発見しました。ハンドル折るにはAltキーです。
これは正直使いづらいです。イラレのようにワンクリックでできるようにして欲しい・・・。


反応速度の遅さと不慣れによってストレスがたまりつつあります。やっとここまでたどり着きました。
髪を作るのがかなりのストレスとなりました。


グラデーション適用してみました。グラデーションの設定が保存できるのは便利。


もうだめです。もう限界です。かわいくねぇ!!
確かにいいツールだしシンプルで将来性もあるのですが
いろいろ細かいところでストレスがたまります
とりあえずコンソールがでるのになじめません。
あとまだ安定していないので実用になるにはまだ先のようです。 
ヤルハラさん面変わりしすぎです。

あまりにひどいので、修正してみました。(2004.3.2)

結構ましになったかな。服も着たし。
こういう風に簡単に修正できるのがベクター絵の利点であります。
グループを全部解除してパーツの差し替えと位置調整、ポイント調整等を行いました。

ちなみにパスはこんな感じです。
 
貼り絵とか重ね絵と言われる感じが分かると思います。
円以外は全部ベジェで描いています。 

←ちなみに標準出力形式はSVGです。ビューアがあれば見られます。 
ビューアはAdobe社のものが一般的ですが、これが重い・・・。
SVGはアニメーションにも対応しているようなんですが、Flash並のパフォーマンスを発揮するのは難しいようです。 

やはり、レイヤがないときついです。
グルーピングで全部やろうとするとここのパーツの位置調整が逆にめんどくなります。 

Comments